• tel:0120-87-4948(ハナラビヨクシヨウ)
  • お問い合わせはこちら

大井町駅 出口より徒歩3分

診療カレンダー

東京の矯正歯科 しばた歯科矯正クリニック

歯科矯正医のつぶやき 診療編

  • 求人案内
  • 初診相談 ご予約・お問い合わせはこちらから tel:0120-87-4948 当院は完全予約制となっております

ACCESS

大井町駅 出口より徒歩3分

  • 住所 東京都品川区大井1-23-2 シーエス大井ビル2F
  • TEL 03-3774-6455
  • 休診日 水曜・祝日

MAP

Mobile Site
  • 歯科矯正医のつぶやき診療編
  • 歯科矯正医のつぶやき趣味編
  • 顎変形症状に悩んでいるあなたへのお話
  • ニューズレター
  • 当院では自動体外式除細動器を設置しております。

■旧ブログはこちらからご覧ください。

歯科矯正医のつぶやき 診療編

■診療以外に関するブログはこちらから。

歯科矯正医のつぶやき 趣味編


 
トップページ»  歯科矯正医のつぶやき 診療編

歯科矯正医のつぶやき 診療編

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2017-11-11 東京デンタルショー2017

11月11-12日 東京ビックサイトにて東京デンタルショー2017が開催されました。
最近の歯科業界の傾向がよくわかります。
 
1:IT化が進んで来ています。
模型から若しくは口の中から直接(3次元データの)スキャンをおこないます。出来上がった、上下の歯型の3次元データを、噛み合わさせて、コンピューター上で模型が噛んでいる状態を再現します。(今までは、咬合器に模型が付けられて作業が行われます)
削られた歯の上に人工物(被せ物)を製作するわけですが、被せ物の3次元データーを製作し、3Dプリンターに送って、被せ物を製作します。一般の3Dプリンターの10から100倍の細かくミクロン単位の作成物です。セラミック系のブロックからレーザーで削り出し(ミリング)を見てきましたが、技術の進歩はすごいものだと思います。
 
2:消毒関係についても徐々に変化をしてきています。
昔は、ユニバーサル・プレコーションから始まり、現在はスタンダード・プレコーションに落ち着いてきています。消毒するからといって強すぎるものは、廃棄の際に環境汚染がおこります。きちんと消毒/滅菌はできるけど、環境に優しい薬剤が徐々に出てきています。また、治療等で使用した器材に関しても以前は水洗が当然でしたが、水洗すると汚染が広がるということで、薬液に直接漬けるようになってきています。強い消毒剤で安全と思われて使用されてきたグルタラール製剤は、日本以外はほぼ使われなくなってきているとのことでした。消毒・滅菌ができ、時間が短く、作業するスタッフに安全で、自然に優しいという薬剤や器材の選択が必要となってきています。当院は矯正歯科医院のため鋼の使用が多く、錆びにくい消毒システムへと専門家と相談しながら変更予定です。
3:本の購入
デンタルショーは、歯科専門の本屋さんが各社勢ぞろいします。町の本屋さんでは売っていません。そのため、歯科専門書の新刊を手に取って見るチャンスはほとんどありません。こういう機会に全ての書店を回ります。1:で書いたように、歯科業界の進化のスピードは速いため、常に新しい情報を取り入れる必要があります。今回は「歯の移植」を含め3冊の本を購入しました。
 

2017-11-18 14:32:39

コメント(0)

2017-10-25 研修会報告

平成29年10月25日 品川歯科医師会館にて学術研修会が行われた。
講師は、国際医療福祉大学三田病院歯科口腔外科部長矢郷香先生でした。
講演内容は「ビスホスホネートやデノスマプを投与されている患者が来院したらどうしますか?−薬剤関連顎骨壊死の現況、治療、歯科治療時の対応と予防−
骨粗鬆症等の病気で骨吸収抑制薬の投与を受ける患者さんが歯科治療を受けた際(抜歯など)で、0.1%に顎骨壊死が認められることから、歯科で治療する際には、どのような対応をするのが良いのかというお話であった。顎骨壊死リスク因子(4年以上の服用、ステロイドの併用、血管新生阻害薬投与)がある場合、パノラマX線画像上で骨が白くなっている例では、きちんと患者さんに、骨の壊死の可能性について説明することが必要。対応としては、医師に確認を取る、休薬、抗菌薬の事前投与、閉鎖創にする、口腔ケアが必要と述べておられた。
 

2017-11-06 13:20:04

コメント(0)

2017-10-19 日本矯正歯科学会

平成29年10月19-20日 ロイトン札幌にて第76回日本矯正歯科学会が開催され、出席して来ました。
注目をしていたのは、徳島大学矯正学教室の報告でした。
下顎前突患者の手術後の効果的な顎口腔機能のリハビリテーションについての研究でした。
手術後3ヶ月より1日2回左右計320回、連続90日間のガム訓練を行った結果、
1:噛み締めの筋活動量は健常人と同程度に回復
2:側頭筋優位だったが、訓練後、健常人と同様に咬筋優位に変化した。
3:筋活動の左右差が少なくなった。
4:咀嚼時における異常咀嚼経路の発現率が低下した。
とあり、当院もガム訓練を継続していきたいと思いました。
 

2017-11-02 09:14:15

コメント(0)

2017-10-04 東京歯科大学水道橋病院医療連携報告会

東京歯科大学水道橋病院医療連携報告会が平成29年10月4日水道橋血脇記念ホールで行われた。「新技術を用いた先端歯科医療」1:CBCTとマイクロエンド2:私の臨床、どう使い分けていますか?メタルボンド、オールセラミッククラウン、CAD/CAM冠」という講演であった。1:は歯内の古澤教授で、コンビームCTとマイクロスコープを使った治療について。2:はクラウンブリッジの佐藤教授で、昔からあるメタルボンドに代わり、ガラスセラミックやジルコニアを使用したオールセラミッククラウン・ブリッジが使用されてきている。また、ハイブリッドレジン等のCAD/CAM冠の特徴についての講義であった。
当院は矯正専門のため、補綴は扱わないが、歯科医療は日々進歩しているため、治療前あるいは治療後に患者さんが受けるであろう治療について学ぶ必要があると思った。
 

2017-10-31 15:23:10

コメント(0)

2017-08-23 オペ報告 2

2017-8-23 オペ報告 2
 
2例目 下顎SSRO
 
12時25分 入室
 
12時58分 オペ開始

ほぼ水平で平行移動
 
14時32分 オペ終了
 
1時間34分でした。出血少量でした。
 
8月29日 軽快退院

退院後来院、元気です。
 
 
 

2017-09-07 13:58:44

コメント(0)

2017-08-23 オペ報告 1

2017-8-23 オペ報告 1
 
千葉西総合病院にてオペ

今日は2例、共に女性
 
1例目 下顎SSRO
 
9時7分 入室
 
9時44分 オペ開始
 
後方移動及び反時計回り回転が加わる
 
11時43分 オペ終了
 
1時間59分 出血量 70ml
 
8月31日 軽快退院

退院後来院、元気です。腫れもそれほどではなく良好です。
 

 
 

2017-09-07 13:54:49

コメント(0)

2017-08-02 オペ報告

千葉西総合病院にてオペ
 
女性 非対称症例 上顎Lefort I +下顎SSRO 
 
9時5分入室
 
9時57分 オペ開始
 
オペ室の変更があり、通常よりもスタートが遅れました。
 
本日は外科用超音波カッター(ピエゾサージェリー)の道具が用意されていました。
 
13時32分 オペ終了
 
3時間35分 出血量107ml
 
今回は、上顎の傾斜の除去及び後方移動があり、難症例でした。
 
8月9日 軽快退院
 
退院後、元気で来院しました。
 

2017-08-21 12:12:39

コメント(0)

2017-07-26 オペ報告


 千葉西総合病院にてオペ
 
男性 下顎SSRO 
 
9時入室
 
9時55分 オペ開始
 
下顎枝が薄く、下顎枝を割るのに時間がかかりました。
 
また、下顎神経が外側寄りで、通常内側にある神経束が外側の皮質骨にめり
 
込んでおり、剥がしながらの処置でした。
 
12時30分 オペ終了
 
2時間35分 出血量 70ml
 
難症例でした。
 
7月31日 軽快退院
 

2017-08-05 12:31:33

コメント(0)

2017-06-15 顎変形症学会 学会報告

学会報告(トピックス)
 
顎変形症学会 2017/6/15-16
 今年は東京で行われました。ビッグサイトTFTホール
主催は東京歯科大学矯正学講座
 
まとめ
・顎変形症患者さんは顎顔面形態や咬合の異常に伴い、正常咬合者と比較して顎口腔機能が低下している。

・外科的矯正治療により形態的不調和の改善により顎口腔機能は治療開始前と比較しわずかに向上するが、正常咬合者と同等のレベルには至らない。

・顎変形症患者は治療開始まで自身の咀嚼障害を自覚していな場合が多く、不適切な咀嚼運動を習慣的にしていることが多い。

・顎変形症患者特に開咬傾向のある患者の術後の後戻りを調べてみると、上顎骨の移動ではなく大臼歯の挺出(歯が伸びてくること)が認められ、そのことにより下顎骨が後方回転している。

・人の歯は常に挺出し続けている状態が正常であることは周知の事実である。

・正常咬合者は適切な咀嚼運動することにより、その顎口腔機能を維持するのみならず、咬合高径を維持している。(歯の高さを維持している)

・開咬傾向のある顎変形症患者は、顎口腔機能が低下しているために大臼歯が挺出し、開咬が再発してしまう。

・外科的矯正治療によって形態的な改善が得られた後も、そのままではその機能を十分に発揮できていない。

・上記のことから、咀嚼筋力向上と正しい咀嚼運動獲得のため、顎矯正手術後にリハビリテーションが必要である。

・リハビリの結果、トレーニングを行っていない顎変形症患者と比較して、トレーニングを受けた患者では咀嚼筋力向上と正常な咀嚼サイクルを獲得することができた。

と報告されていた。

上記のことを受けて、当院では、術後3ヶ月目からガム咀嚼訓練を行うことにしました。
 

2017-07-17 14:13:45

コメント(0)

2017-7-5 オペ報告

千葉西総合病院にてオペ
 
女性 下顎SSRO リオペの症例です。前のオペから6年が経っています。
抜釘していません。
 
9時5分入室
 
9時41分 オペ開始
 
抜釘よりスタート、右側のプレートが埋まっていた、左はすぐ取れました。
 
ここから通常のSSROとなるが、リオペの場合はやや複雑
 
位置決めで少し苦戦、しっかり位置確認して
 
12時23分 オペ終了
 
2時間42分 出血量 15ml
 
7月10日軽快退院
 
退院後来院しました、元気です。
 

2017-07-14 12:03:50

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
PAGETOP