• tel:0120-87-4948(ハナラビヨクシヨウ)
  • お問い合わせはこちら

大井町駅 出口より徒歩3分

診療カレンダー

東京の矯正歯科 しばた歯科矯正クリニック

歯科矯正医のつぶやき 診療編

  • 顎変形症状に悩んでいるあなたへのお話
  • 初診相談 ご予約・お問い合わせはこちらから tel:0120-87-4948 当院は完全予約制となっております

ACCESS

大井町駅 出口より徒歩3分

  • 住所 東京都品川区大井1-23-2 シーエス大井ビル2F
  • TEL 03-3774-6455
  • 休診日 水曜・祝日

MAP

Mobile Site
  • 歯科矯正医のつぶやき診療編
  • 歯科矯正医のつぶやき趣味編
  • 求人案内
  • ニューズレター
  • 当院では自動体外式除細動器を設置しております。

最新ブログ情報

2020 07/31
2020-07-15 オペ報告


2020 06/06
2020-05-29 オペ報告


2020 06/06
2020-05-27 オペ報告


2020 04/09
2020-04-03 新型コロナウイルスへの対応


2020 02/21
2020-02-05 オペ報告


2020 01/31
2020-01-21 オペ報告


2019 09/02
2019-08-21 オペ報告


2019 08/20
2019-08-07 オペ報告


2019 08/15
2019-07-31 オペ報告


2019 08/02
2019-07-24 オペ報告


2019 08/01
当院のオペ準備


2019 07/02
2019-06-19 オペ報告


2019 07/01
2019-06-18 オペ報告


2019 05/01
2019-04-17 オペ報告


2019 04/15
2019-04-08 オペ中止報告


2019 04/02
2019-03-22 オペ報告


2019 03/25
2019-03-13 オペ報告


2019 03/09
2019-02-20 オペ報告


2019 02/25
2019-02-15 オペ報告


2019 02/14
2019-02-06 オペ報告


2019 02/01
2019-01-23 オペ中止


2018 12/12
2018-11-28 オペ報告


2018 12/11
2018-10-10 オペ報告


2018 11/30
2018-11-21 オペ報告


2018 11/07
2018-10-24 オペ報告


2018 10/05
2018-09-21 オペ報告


2018 10/05
2018-09-12 オペ報告


2018 09/11
2018-08-22 オペ報告


2018 07/03
2018-07-02 小児矯正治療の必要性について


2018 03/30
2018-03-14 オペ報告


2018 03/26
2018-03-07 オペ報告


2017 12/02
2017-11-17 東京矯正歯科学会秋季セミナー


2017 11/18
2017-11-11 東京デンタルショー2017


2017 11/06
2017-10-25 研修会報告


2017 11/02
2017-10-19 学会報告


2017 10/31
2017-10-04 研修会報告


2017 09/07
2017-08-23 オペ報告②


2017 09/07
2017-08-23 オペ報告①


2017 08/21
2017-08-02 オペ報告


2017 08/07
2017-07-26 オペ報告


2017 07/17
2017-06-15 顎変形症 学会報告


2017 07/14
2017-07-05 オペ報告


2017 07/08
2017-06-21 オペ報告


2017 06/23
2017-06-07 オペ報告


2017 05/12
2017-04-26 オペ報告②


2017 05/09
2017-04-26 オペ報告①


2017 04/04
2017-03-15 オペ報告


2017 03/02
2017-02-22 オペ報告


2017 02/27
2016年オペ集計


2017 02/06
2017-01-26 オペ報告


2017 02/03
2017-01-25 オペ報告


2016 12/19
2016-12-07 オペ報告


2016 12/09
2016-11-30 オペ報告


2016 11/14
2016-10-26 オペ報告


2016 10/24
2016-10-05 オペ報告


2016 09/09
2016-08-10 オペ報告


2016 08/14
2016-07-13 オペ報告


2016 06/14
2016-06-01 オペ報告


2016 03/15
2016-03-09 オペ報告


2016 02/18
2016-02-10 オペ報告


2016 02/18
2016-01-20 オペ報告


2016 02/18
2015年オペ集計


2016 01/23
2015-12-16 オペ報告


>最新のブログ一覧はこちらから

■旧ブログはこちらからご覧ください。

歯科矯正医のつぶやき 診療編

■診療以外に関するブログはこちらから。

歯科矯正医のつぶやき 趣味編


 

お知らせ

  • 件 (全件)
  • 1

新型コロナウイルスへの対応

お知らせ
 
しばた歯科矯正クリニックの新型コロナウィルスへの対応
 
1)来院について
              院内感染防止の観点から下記症状のある患者様については、来院をお控えいただきますようお願いしております。
              a)風邪の症状や37.5ºC以上の発熱が続く場合
              b)咳、息苦しさ(呼吸困難)や強いだるさ(倦怠感)がある場合
 
2)緊急性の少ない診療に関して
リテーナーチェック、成長中の患者さんの定期的な咬合チェックに関しては緊急性が乏しい為、2ヶ月〜3ヶ月の延期をお願いしています。
 
3)診療に関する医院の対応
  I)院内の対応
              予約:患者さんが院内になるべく1人になるよう予約を変更しています。
              スタッフ:就業時体温測定/マスク着用/頻繁な手指消毒。
              院内消毒:スタンダードプリコーションで行っています。
                            患者さんごとのデンタルチェアーの消毒
                            入り口ドアノブ及びトイレの消毒を頻繁に行っています。
                          待合室にて患者さん同士が近くに座らないように配慮しています。
 
  II)来院の際のお願い
            ・マスク着用の上、来院をお願いします。
            ・受付に消毒液(アルコール系)を配置しておりますので、手指の除菌をお願いしています。
            ・チェアーに座った際に、洗口剤入りの水で洗口(うがい)を治療前にお願いしています。
            ・遅刻しますと、次の予約の方と重なります、予約時間を厳守願います。
 
※最後に
              来院後、患者さんご自身あるいはご家族のPCR検査が陽性と判定された場合は早急に当院宛連絡をお願いいたします。その際は、保健所の指示を仰ぎ、必要な措置を取ることとなります。感染を広げないためにもご協力のほどお願いいたします。
 

2020-04-03 18:44:10

コメント(0)

折りたたむ

当院のオペ準備

当院のオペ準備まとめ
 
1:検査
              レントゲン(セファロ側貌/正貌、パントモ)
              平行模型/顎態模型(facebow transferを行い咬合器に装着したもの)
              写真(顔/口腔内)
              筋電図検査
              シロナソグラフ検査
2:分析
              レントゲン側貌/正貌分
              模型分析/顎態模型ではFHからの左右臼歯距離計測も行う
3:オペ前診断
              上記の情報を総合して診断を行う。オペの手法/移動量の予測
 
シミュレーション
              3の後、上下顎の模型を使ってオペ後顎位の予想バイトの作成
              外注(上下顎模型各々のスキャンと
                            上下予想バイトを噛んだ状態の上下顎のスキャン)
              関連病院からのCTデーターのDiskを入手
              Materialise社のPloPlanCMFにて解析
              a) CTデータより3次元データの抽出  ハレーション等のゴミを除去
              b)上下顎各々の3D−Modelの製作
              c)上下顎各々について模型スキャンデータとの合成
              d)オペに合わせて3D-Modelの分割を行う。
              e)オペ後顎位予想バイトデータの位置まで分割された骨片の移動
              f)骨片同士の干渉/スペース/移動量の確認 → 修正
              g)画像データー書き出し
              h) c)のデータが完成後、STL-dataを書き出し
                            STL-dataの不要部分の除去/修正/エラーチェック → 修復
                            モデルの向きの修正→書き出し
                            3D printerへ → 完成後サポート除去
下顎枝部分にスリットを入れる
画像データ及び3D実態モデルを関連病院へ郵送
 

2019-07-28 11:22:57

コメント(0)

折りたたむ

小児矯正治療の必要性について

小児矯正治療をお勧めするかどうか、矯正専門医院として、当院は以下の判断基準を設けています。
 
1:歯や顎に負荷がかかり、放置すると悪化の可能性が強く、将来歯や咬み合わせに問題が生じると思われる場合(緊急を要する)。
2:歯や顎に負荷がなく、現状維持が見込まれる場合、或いは成長と共に改善の可能性がある。その場合は、積極的な矯正治療は控える。
3:矯正治療を行う場合には、見た目の処置のみでなく、将来の咬み合わせの変化を予想し、起こり得る不正咬合を減じるものでなければならない。
4:例外として、本人及び家族が見た目の改善を強く希望される場合
 
当院では、患者さん及びご家族と十分話し合い、今、治療行為がどうしても必要かどうかを検討し、どうしても必要な場合は最小限で最大の効果が得られるような処置及び計画を作成し、患者さんの負荷が最少になるよう工夫を凝らして処置を行っていきます。
 
 
 
 
 
 
 

2018-07-02 08:42:01

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
PAGETOP